風邪に効くツボ

マッサージを行うことにより、新陳代謝が良くなり、免疫力が上がるため、風邪予防や初期の風邪治療にマッサージは有効です。
ただし、高熱の際はマッサージは控えた方がよいでしょう。

百会(ひゃくえ)
 : 頭頂にあり、両耳の上端を結んだ中点。

風府(ふうふ)
 : 髪の生え際の中央から、親指幅1本分上がったくぼみ。

風池(ふうち)
 : 両耳の下を結んだ、僧帽筋と胸鎖乳突筋の間のくぼみ。
   鼻水、鼻づまり、頭痛、のどの痛みなど、風邪の諸症状に有効なツボ。

迎香(げいこう)
 : 鼻の穴の最も膨らんだ部分の外側にあるくぼみ。
  鼻のトラブルに万能のツボ。

大椎(だいつい)
 : 第7頸椎(首の付け根にある最も盛り上がった骨)の真下のくぼみ。

大杼(だいじょ)
 : 第1胸椎から親指幅1.5本分外側にある。

風門(ふうもん)
 : 第2胸椎から親指幅1.5本分外側にある。
  東洋医学では「風邪はここから入ってくる」と考えられており、ここを温めることで風邪予防になる。

気海(きかい)
 : おへそから、親指幅1.5本分下方にある。

曲池(きょくち)
 : 肘を曲げてできる横じわの外端のくぼみ。

太淵(たいえん)
 : 手首の横じわ上で、前腕の前外側のくぼみ。

合谷(ごうこく)
 : 手の甲で、人差し指の第二中手骨(上図参照)の真ん中の骨際。
   鼻水、鼻づまり、頭痛、のどの痛みなど、風邪の諸症状に有効なツボ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です