肌トラブルに効くツボ

東洋医学では、「皮膚」は「肺」と関連していると考えられているため、肌トラブルには『肺の経絡』と、肺と表裏関係にある『大腸の経絡』を治療することが重要となります。

・ 迎香(げいこう)
 : 鼻の穴の最も膨らんだ部分の外側にあるくぼみ。

・ 大椎(だいつい)
 : 第7頸椎(首の付け根にある最も盛り上がった骨)の真下のくぼみ。

・ 中脘(ちゅうかん)
 : おへそから親指幅4本分上がったところ。

・ 肺兪(はいゆ)
 : 第3胸椎と第4胸椎の間のくぼみから、親指幅1.5本分外側にある。

・ 曲池(きょくち)
 : 肘を曲げてできる横じわの外端のくぼみ。

・ 列缺(れっけつ)
 : 親指側の手首の横じわから、親指幅1.5本分上方にある。

・ 太淵(たいえん)
 : 手首の横じわ上で、前腕の前外側のくぼみ。

・ 合谷(ごうこく)
 : 手の甲で、人差し指の第二中手骨(上図参照)の真ん中の骨際。

・ 血海(けっかい)
 : 膝蓋骨の上内端から、親指幅2本分上がったところ。

・ 陽陵泉(ようりょうせん)
 : 腓骨頭(膝の外下方にある出っ張った骨)の前下方にあるくぼみ。

・ 足三里(あしさんり)
 : 膝蓋骨の外下方にあるくぼみから、親指幅3本分下にある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です