坐骨神経痛に効くヨガ

坐骨神経」は腰から足の後面を通っているため、太ももの裏を伸ばすストレッチが効果的です。

・ サギのポーズ

両足を伸ばして、楽な姿勢で座ります。
左足を手前に引き寄せ、両手で足の側面を掴みます。
吸う息で左足を伸ばし、両手で高く持ち上げます。
同様に反対側も行います。
太ももの裏の張りが強ければ、軽く膝を曲げたり、足底にタオルなどを掛けてサポートするのもよいでしょう。

・ 片膝を抱えた仰向けのポーズ

楽な姿勢で仰向けになり、両手で右膝を抱えます。
吸う息で膝を手前に引き寄せ、吐いて膝を緩めます。
同様に反対側も行います。

・ 仰向けでハムストリングスを伸ばしたポーズ

楽な姿勢で仰向けになり、両手で右膝を抱えます。
次に両手で右の太もも裏を抱え、無理のない範囲で、右膝を伸ばします。
同様に反対側も行います。
太ももの裏の張りが強ければ、軽く膝を緩めたり、足底にタオルなどを引っ掛けてサポートしましょう。
 ※「ハムストリングス」とは、太もも裏の筋肉のことです。

・ ワニのポーズ

楽な姿勢で仰向けになります。
右膝を曲げて手前に引き寄せ、左足をまたいで床に着けます。
右手は横に広げ、左手で右膝を抑えて、ゆっくり右足を左側へ倒します。
首は無理のない範囲で右を向きます。
同様に反対側も行います。

・ ハッピーベイビー

楽な姿勢で仰向けになります。
両膝を曲げて胸に近付け、両手で足の外側を持ちます。
ゆっくり息を吐き、息を吸いながら股関節を開き、両手で両足を引き寄せます。

・ 鋤(すき)のポーズ

楽な姿勢で仰向けになります。
両手で床を押しながら、ゆっくり足を持ち上げ、膝を胸に近付けます。
お尻を持ち上げ、両手で腰を支えながら、ゆっくり両足を頭側の床に着けます。
このポーズは高血圧、緑内障、生理中の方は避けて下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です