東洋医学講座① 東洋医学の基礎

臓腑の関係

東洋医学では、人体には「5つの臓」と「5つの腑」がある。
すなわち、『五臓』とは、「肝」、「心」、「脾」、「肺」、「腎」であり、
『五腑』とは、「胆」、「小腸」、「胃」、「大腸」、「膀胱」であり、
これら五臓と五腑はそれぞれ表裏関係にある。

五行論

東洋医学では、自然界にあるあらゆる物は、
『木』、『火』、『土』、『金』、『水』の5つの要素からできているとされている。
これらは、図1と図2のように、相互に関連した存在である。

図1.五行の相生関係
図2.五行の相克関係

また、これらの5つの要素は、図3のように五臓と五腑とも関係している。
すなわち、「肝」と「胆」は『木』に、「心」と「小腸」は『火』に、「脾」と「胃」は『土』に、「肺」と「大腸」は『金』に、「腎」と「膀胱」は『水』に関連している。

図3.五行論

五行の色体表

自然界の全てを五行の属性に分類したものが、表1の「五行色体表」である。

表1.五行色体表

五行色体表は、それに属する臓腑の不調の診断基準ともなる。
例えば、「耳」に不調が出た場合は、五官より、『腎』の病変が疑われ、
急に「酸っぱい物」が好きになった場合は、五味より、『肝』の病変が疑われる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です