東洋医学講座㉘ 「肺の病証」に効くヨガ

★ 呼吸器トラブル

・ 片鼻交互呼吸

楽な姿勢で座ります。
右手の人差し指と中指を折り曲げ、薬指で左の鼻を押さえ、右の鼻からゆっくり息を吸います。
次に親指で右の鼻を押さえ、薬指を離し、左の鼻からゆっくり息を吐きます。
このパターンを逆でも行い、それぞれ数回繰り返します。

・ 座位のサイドストレッチ

楽な姿勢で座ります。
左手を床に着け、右手を高く挙げます。
左手を遠方へ歩かせながら、軽く左側へ身体を傾け、右側の胸を開き、目線は右の手先へ向けます。
同様に反対側も行います。

★ 肌トラブル

・ 座位で胸を開くポーズ

楽な姿勢で座ります。
指先を前に向けて、両手を後ろの床に着けます。
ゆっくり鼻から息を吸い、胸を開き、背すじを伸ばし、軽く腰を持ち上げます。
吐きながら、ゆっくり腰を下ろし、背すじをリラックスさせます。

・ 鷲(わし)のポーズ

楽な姿勢で立ちます。
両膝を軽く曲げ、体重を左足にかけながら、右足を左足の上に組み、右足を左の足首に絡めます。
次に右腕を左腕の下に回し、両手を絡めて、手のひらを合わせます。
同様に反対側も行います。

★ むくみ

・ サギのポーズ

両足を伸ばして、楽な姿勢で座ります。
左足を手前に引き寄せ、両手で左足の側面を掴みます。
吸う息で左足を伸ばし、両手で高く持ち上げます。
同様に反対側も行います。
太ももの裏の張りが強ければ、軽く膝を曲げたり、足底にタオルなどを掛けてサポートするのもよいでしょう。

・ ハッピーベイビー

楽な姿勢で仰向けになります。
両膝を曲げて胸に近付け、足の外側を持ちます。
ゆっくり息を吐き、息を吸いながら股関節を開き、両手で両足を引き寄せます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です