板状筋のストレッチ

板状筋の作用は、「首の後屈」(上を見上げる動き)である。

したがって、板状筋のストレッチでは、「首の後ろを伸ばすこと」(首の前屈)が必要である。

以下に、板状筋のストレッチ法を示す。

①楽な姿勢で座ります。
吸う息で背すじを伸ばし、右手を左膝の上に、左手を右膝の上に置きます。
ゆっくり息を吐きながら、背中を丸めて上半身をリラックスさせ、首の力も抜きます。

②四つ這いになります。
両肘を軽く曲げて、そっと床におでこを付けます。
両手で床を押しながら、ゆっくり上体を持ち上げ、床に頭頂を優しく付けます。
上体が安定したら床から両手を離し、背面で両手を組んで、天井方向に高く持ち上げます。
余裕があれば、頭を前後・左右に動かし、頭頂部をマッサージします。

③ 四つ這いになり、手を肩の真下に、膝を腰の真下にくるようにします。
息を吸いながら、お尻を突き出し、背中を反らせて、目線は上を向きます。
息を吐きながら背中を丸め、首を楽に垂らします。
この動きを呼吸に合わせて、それぞれ数回繰り返します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です