三角筋のストレッチ

三角筋の作用は、「肩関節の外転」(腕を外側から挙げる動き)、「肩関節の屈曲」(腕を前方へ挙げる動き)、「肩関節の伸展」(腕を後方へ引く動き)である。

したがって、三角筋のストレッチでは、「腕を内側から挙げる動き」(肩関節の内転)と、「腕を後方へ引く動き」(肩関節の伸展)と、「腕を前方へ挙げる動き」(肩関節の屈曲)が必要である。

以下で、三角筋のストレッチ法を示す。

① 四つ這いになります。
左腕の手前から、右腕を左側へ通し、床に右肩と側頭部を優しく着けます。
同様に反対側も行います。

② 四つ這いになります。
両肘を軽く曲げて、そっと床におでこを付けます。
両手で床を押しながら、ゆっくり上体を持ち上げ、床に頭頂を優しく付けます。
上体が安定したら床から両手を離し、背面で両手を組んで、天井方向に高く持ち上げます。
このポーズは高血圧、緑内障、首・肩を痛めている方は避けて下さい。

③ そっと四つ這いになります。
ゆっくり腰を下ろし、両手を遠方に歩かせながら、おでこを軽く床に着け、全身の力を抜いてリラックスします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です