腰方形筋のトリガーポイント

『腰方形筋』は、腰部を広く覆う筋肉である。

腰方形筋の作用は、「腰椎の後屈」(腰を後ろに反らす動き)と「腰椎の側屈」(腰を横に傾ける動き)である。

腰方形筋が凝ることにより、腰痛だけではなく、背部痛や臀部痛や足の痺れなどを引き起こすこともある。

腰方形筋のトリガーポイントを下図で示す。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

脊柱起立筋のストレッチ

次の記事

腰方形筋のストレッチ