梨状筋のストレッチ

梨状筋の作用は、「股関節の外旋」(片方の股関節と膝関節を曲げて片足立ちになり、太ももを外側へ回す動き)である。

したがって、梨状筋のストレッチでは、「片足立ちになり、太ももを内側へ回す動き」(股関節の内旋)が必要である。

以下に、梨状筋のストレッチ法を示す(手順1 ⇒ 手順2)。

手順1;
楽な姿勢で仰向けになり、両膝を立てます。
下図のように、右足の外くるぶしを、左膝の上方に置きます。

手順2;
右手を足の間から通し、両手で左膝の下方を掴みます。
ゆっくり息を吐き、吸う息で掴んだ足を手前に引き寄せます。
同様に、反対側も行います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です