梨状筋のトリガーポイント

『梨状筋』は、骨盤の深層部にある筋肉である。
梨状筋は、「坐骨神経痛」の原因となる筋肉である。

梨状筋の主な作用は、「股関節の外旋」(片方の股関節と膝関節を曲げて片足立ちになり、太ももを外側へ回す動き)である(図1)。

図1.股関節の外旋

梨状筋が凝ることにより、臀部痛だけではなく、腰痛や足の痺れや足を動かしずらい状態を引き起こすこともある。

梨状筋のトリガーポイントを図2で示す。

図2.梨状筋のトリガーポイント

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

中殿筋のストレッチ

次の記事

梨状筋のストレッチ