下腿三頭筋のストレッチ

下腿三頭筋の作用は、「膝関節の屈曲」(膝を曲げる動き)と「足関節の底屈」(つま先を下げる動き)である。

したがって、下腿三頭筋のストレッチでは、「膝を伸ばす動き」(膝関節の伸展)と「つま先を上げる動き」(足関節の背屈)が必要である。

以下に、下腿三頭筋のストレッチ法を示す。

① 両足を伸ばして、楽な姿勢で座ります。
左足を手前に引き寄せ、両手で左足のつま先を掴みます。
吸う息で左足を伸ばし、両手で高く持ち上げ、つま先を引き寄せて、アキレス腱を伸ばします。
同様に反対側も行います。
太ももの裏の張りが強ければ、軽く膝を曲げたり、足底にタオルなどを掛けてサポートするのもよいでしょう。

② 四つ這いの状態から、つま先を立て、両手で床を押しながら、腰を高く持ち上げます。
かかとを床に着け、両足と両腕を伸ばし、首・肩はリラックスさせます。
余裕があれば、かかとを上げたり下ろしたり、足踏みするのも良いでしょう。
このポーズは高血圧、緑内障、逆流性食道炎の方は避けて下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です