疾患別解説② 変形性膝関節症;原因と治療法

変形性膝関節症』とは、加齢や形成異常などにより、膝関節周りに骨増殖が起こり、骨が隆起した状態を言います。

主な症状は、「関節のこわばり」と、「間欠的な疼痛」で、動かし始めに痛みが強く、動いているうちに痛みは軽減してくるが、次第にまた痛み出すのが特徴です。

代表的な対処法として、『大腿四頭筋』の筋力強化があります。

椅子に深く座り、片足を伸ばして維持します。
反対の足も交互に行い、それぞれ数回繰り返します。

また、変形性膝関節症に効果的なツボを以下に記します。

・ 血海(けっかい)
 : 膝蓋骨の上内端から、親指幅2本分上がったところ。

・ 梁丘(りょうきゅう)
 : 膝蓋骨の上外端から、親指幅2本分上がったところ。

・ 犢鼻(とくび)
: 膝蓋骨の外下方にあるくぼみ。

・ 委中(いちゅう)
 : 膝裏の横じわの中央にある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です