疾患別解説⑤ 脊柱管狭窄症;原因と治療法

脊柱管狭窄症』とは、脊柱管周辺の骨や軟部組織の変性によって、脊柱管が狭くなり、脊髄神経を圧迫して痛みを誘発する状態です(下図参照)。

中年以降の男性に多い傾向があります。

主な原因として、上記のような変性、椎間板ヘルニア、外傷などがあるが、先天性の場合もあります。

主な症状は、坐骨神経痛による「腰痛」と「下肢痛」や、それに伴う異常歩行で、腰を前かがみにすると痛みが軽減します。

治療として、コルセットの装着、薬物療法、手術などがあり、マッサージ鍼灸治療も有効です。

Follow me!