疾患別解説⑦ 脊椎すべり症;原因と治療法

脊椎すべり症』とは、椎骨に「分離症」があって、かつ前方にある椎体が、前側に滑り出した状態を言います(下図参照)。

主な症状として、腰痛、背部痛、臀部痛、下肢痛があり、下肢の痺れ、感覚障害、筋力低下などが見られる場合もあります。

治療法として、腰部の牽引療法や薬物療法、背筋の筋力強化などがあり、重症例では手術を行うこともあります。
また、コルセットを装着して、腰への負担を軽減させることも有効です。

Follow me!