疾患別解説㉑ 正中神経麻痺;原因と治療法

正中神経』は、前腕の中心を通る神経で(図1参照)、手のひらや親指や人差し指や中指の指先などを支配しています(図2参照)。

図1.橈骨神経、正中神経、尺骨神経の分布
図2.橈骨神経、正中神経、尺骨神経の支配領域

正中神経麻痺』により、上記の領域が障害され、手関節や親指や人差し指や中指の関節を曲げることが出来ない「猿手」を呈します(図3参照)。
また、親指の対立運動(図4)が出来なくなります。

図3.猿手
図4.親指の対立運動

原因として、上腕骨の骨折、肘関節や手関節の外傷、手根管症候群などが考えられます。

治療として、「長対立装具」(図5参照)などの使用、薬物療法、温熱療法、リハビリ、マッサージなどが行われます。

図5.長対立装具

Follow me!