疾患別解説㉓ 尺骨神経麻痺;原因と治療法

尺骨神経』は、前腕の小指側を通る神経で(図1参照)、手のひらや手の甲の小指や薬指などを支配しています(図2参照)。

図1.橈骨神経、正中神経、尺骨神経の分布
図2.橈骨神経、正中神経、尺骨神経の支配領域

尺骨神経麻痺』により、上記の領域が障害され、小指と薬指のMP関節は伸展し、PIP関節とDIP関節は屈曲する「鷲手(わしで)」を呈します(図3参照)。

原因として、上腕骨の骨折、肩関節の脱臼、肘関節への過度の圧迫や外傷などが考えられます。

検査法として「フロマン徴候」が行われ、両手の親指と人差し指で紙を挟み、引っ張り合った時に、親指の内転筋力の低下を補う為に、長母指屈筋が作用し、障害側の親指が曲がれば陽性となります(図4参照)。

図4.フロマン徴候

治療として、「ナックルベンダー」などの装具(図5参照)の使用、薬物療法、温熱療法、リハビリ、マッサージなどが行われます。

図5.ナックルベンダー

Follow me!