疾患別解説㉔ 坐骨神経麻痺;原因と治療法

坐骨神経』は、腰部と仙骨部から出ていて、下肢後面を通る神経です(図1参照)。

図1.坐骨神経

坐骨神経」は、下腿で「総腓骨(ひこつ)神経」と「脛骨(けいこつ)神経」に分岐します(図2参照)。
坐骨神経麻痺』とは、この総腓骨神経脛骨神経の走行に沿って起こる麻痺を言います。

図2.坐骨神経と総腓骨神経、脛骨神経の分布

原因として、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、脊椎分離症、脊椎すべり症、梨状筋症候群、腰部や臀部の外傷や打撲、股関節脱臼、大腿骨の骨折などが考えられます。

腓骨神経麻痺

腓骨神経麻痺』により、前脛骨筋、長腓骨筋、短腓骨筋、長趾伸筋、短趾伸筋の運動が障害され、足関節と足の指の背屈、及び足関節の外反が出来ない「下垂足(かすいそく)」(内反尖足)を呈します(図3参照)。

図3.下垂足

脛骨神経麻痺

脛骨神経麻痺』により、下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋)の運動が障害され、足関節と足の指の底屈、及び足関節の内反が出来ない「踵足(しょうそく)」(外反鉤足)を呈します(図4参照)。

図4.踵足

治療として、「短下肢装具」(図5参照)などの使用、薬物療法、温熱療法、リハビリ、マッサージなどが行われます。

図5.短下肢装具

Follow me!