疾患別解説㉙ 統合失調症 ;症状と治療法

統合失調症』とは、思春期から青年期の若年性に発症することが多い精神障害で、精神科の入院患者数では最も多く、精神障害認定を受ける数も最も多い疾患です。

原因は不明ですが、遺伝関係が見られ、精神的な脆弱性がある人に起こりやすと言われています。

初期症状として、考えがまとまらない思考障害感情鈍麻自閉を呈することが多いです。
症状が進行すると、幻視や幻聴や幻臭などの幻覚症状や、被害妄想や関係妄想などの妄想症状を訴えるようになります。

治療としては、カウンセリングなどの面接療法や、抗精神薬による薬物療法が行われます。

一般的に、適切な治療が行われれば、社会への適応は可能となります。

Follow me!