疾患別解説㉛ 強迫性障害 ;症状と治療法

強迫性障害』では、「強迫観念」と「強迫行為」が特徴として見られます。

自分でも「不合理だ」「無意味だ」と分かっているにも関わらず、「戸締りやガス栓を閉め忘れたのではないか」という強迫観念にとらわれると不安になり、何度も確かめないと気が済まない強迫行為を繰り返します。

手が汚れると何度も手を洗わないと気が済まない『不潔恐怖症』も強迫障害の一種です。

強迫性障害は『うつ病』になりやすいと言われています。

治療としては、カウンセリングなどの面接療法や、抗精神薬による薬物療法が行われます。

Follow me!