疾患別解説㉜ 恐怖症性不安障害 ;症状と治療法

恐怖症性不安障害』とは、恐怖を起こすとは考えにくいものに恐怖を感じる「神経症性障害」の一種です。

これには、外出することや電車などの乗り物に乗ることに恐怖を抱く「広場恐怖症」、対人関係で強い不安や精神緊張を起こす「対人恐怖症(社会恐怖症)」、特定の状況や物事に恐怖を抱く「特定恐怖症(単一恐怖症)」があります。

特定恐怖症の対象には、高所、閉所、刃物、尖端、動物、血液などがあります。

治療としては、カウンセリングなどの面接療法や、抗精神薬による薬物療法が行われます。

Follow me!