疾患別解説㊶ 心不全 ;原因と症状

心不全』とは、心臓のポンプ作用に障害をきたし、血液循環が障害された状態を言います。
以下のように、急性の場合と、慢性の場合があります。

急性心不全

心拍出量が急激に減少した状態で、心筋梗塞、心室細動、房室ブロックなどの伝導障害が原因で起こります。

症状として、脳などの重要器官に虚血状態を起こし、意識障害、低血圧、脱力感、倦怠感などをもたらします。

慢性心不全(うっ血性心不全)

心房に帰ってきた血液を動脈系に駆出することが不十分になった状態で、後方部分に『うっ血(※)』をきたします。
※ 血液の流れが悪くなり,滞ってしまった状態

原因として、心臓弁膜症や高血圧の持続による心肥大などによって起こります。

これはさらに以下の2つに分類されます。

左心不全(図1参照)

僧房弁の障害によって起こり、肺静脈や肺の毛細血管にうっ血をもたらします。
症状として、息切れや呼吸困難から、心臓喘息を呈するようになります。

図1

右心不全(図2参照)

高血圧による心肥大や左心不全から続発することが多く、体循環にうっ血をきたします。
症状として、下肢の浮腫、肝うっ血による肝腫大、頸静脈の怒張、腹水や胸水などがあります。

図2

慢性心不全の治療として、利尿剤、降圧剤、強心剤などの薬物療法があり、食事は塩分や水分を控え体重を一定に保つなどの注意が必要となります。

Follow me!