疾患別解説㊺ 動脈硬化症 ;原因と症状

動脈硬化症』とは、血管の老化現象であり、動脈壁にコレステロール石灰などが沈着し、血管の弾力性が低下して硬くなった状態を言います。

動脈硬化は様々な生活習慣病の原因となります。
例えば、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や狭心症、慢性腎不全などを起こしやすくなります。

動脈硬化を促進させる危険因子として、糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、喫煙、運動不足などが挙げられます。

動脈硬化症には、原因により以下の3つのタイプに分けられます(下図参照)。

粥状硬化症(内膜硬化症)
悪玉コレステロールや中性脂肪が多い高脂血症によって起こるもので、動脈の内膜に脂質のアテローム(※)変性を生じ、血小板などが取り込まれて、血管が硬くもろくなったものを言います。
心臓の冠状動脈や脳の太い血管で起こりやすく、血栓を生じやすいです。

※脂質やカルシウムや様々な線維性結合組織や細胞の死骸などから構成された血管内での蓄積物

細小動脈硬化症
高血圧によって、細小動脈の抵抗が高まって発症するもので、腎臓の血管、脳の細い血管、眼底の血管などで起こりやすいです。

中膜硬化症
主に内分泌の障害によって、動脈の中膜の平滑筋に石灰化が起こって硬くなるものを言います。
単独で起こることは少なく、粥状硬化症や細動脈硬化症を合併する場合が多いです。

Follow me!