疾患別解説㊼ 高血圧症 ;原因と症状

高血圧症』とは、最高血圧(心臓の収縮期圧)または最低血圧(心臓の拡張期圧)が持続的に高い状態を言います。

高血圧は心筋梗塞や狭心症などの心疾患、脳梗塞や脳出血などの脳疾患、動脈硬化症などの血管疾患を起こす要因であり、腎機能にも悪影響を及ぼします。

一般的な基準として、「最高血圧140mmHg以上」もしくは「最低血圧90mmHg以上」の状態を『高血圧』としています。

血圧を上昇させる要因として、末梢血管の抵抗の増大、心拍出量の増加、血液の粘稠性の亢進が考えられます。
さらに、交感神経の緊張やナトリウムの増加なども血圧上昇の要因となります。

高血圧症は原因によって以下のように分けられます。

本態性高血圧症
原因が明らかではなく、遺伝関係が認められる体質的なもので、高血圧症の90%以上を占めます。
発症は生活習慣などの環境要因によって影響され、塩分の過剰摂取、肥満、運動不足、ストレス、寒冷刺激などが誘因となることが多いです。

腎性高血圧症
腎炎や腎不全から起こるもので、最低血圧が高くなることが多く、最低血圧120mmHg以上となるものを『悪性高血圧』と言います。

内分泌性高血圧症
副腎皮質の機能亢進によって起こる「クッシング症候群」や、副腎髄質の機能亢進による「褐色細胞腫」などがあり、比較的若年者に多く、最高血圧が高くなるのが特徴です。

初期は無症状であることが多く、進行するにつれて、神経症状として頭痛・頭重感・不眠・イライラ感など、循環器症状として動悸や息切れなどを呈します。

その他の不定愁訴として、めまい、耳鳴り、肩こり、手足の痺れ、のぼせ感などを呈します。

合併症として、心臓では狭心症や心肥大など、脳では脳梗塞や脳出血など、腎臓では慢性腎不全や腎硬化症などがあります。

治療として、一般的には降圧利尿剤などの投与が行われます。

食事における注意点として、塩分は1日10g以下に抑えることが重要です。

その他、持続的な運動を行い、精神的ストレスの軽減に努めることが大切です。

以下に『高血圧に効果的なツボ』を示します。

・ 百会(ひゃくえ)
 : 頭頂にあり、両耳の上端を結んだ中点。
   自律神経を調整する万能ツボ。

・ 太陽(たいよう)
 : 眉毛の外端と目じりの中点から、親指幅1本分外側のくぼみ。

・ 心兪(しんゆ)
 : 第5胸椎から、親指幅1.5本分外側にある。

・ 神門(しんもん)
 : 手のひら側の小指側で、手首の横じわ上にあるくぼみ。

・ 合谷(ごうこく)
 : 手の甲で、人差し指の第二中手骨(上図参照)の真ん中の骨際。

・ 太白(たいはく)
 : 足の親指の第1中足指節関節(上図参照)の後ろにあるくぼみ。

Follow me!